フレジエ Fraisier

フランスのいちごのショートケーキ

フランス菓子フレジエとはどんなお菓子か、材料や購入先を詳しく紹介しますね。

フランス菓子フレジエとは?

フレジエ Fraisierとはジェノワーズ生地にいちごとクリームを挟んだケーキのことです。フランス風のいちごのショートケーキといったところです。フランスではいちごの旬を迎える春によくみられるケーキです。

土台の生地はジェノワーズ生地だけではなくビスキュイ生地を使ったり、クリームはバタークリームやクレームパティシエール、ムースリーヌクリームを使うなど様々なバリエーションがあります。

フレジエを作る工程は、ジェノワーズ生地を型の底に敷き、いちごの断面が見えるように並べてクリームを詰めます。伝統的には、表面に薄く伸ばしてピンクに色付けしたマジパンをかぶせます。マジパンとは砂糖とアーモンドパウダーを練り合わせた生地で、人形などを作ったりと細工に用いられます。

[フランス語名]
フレジエ Fraisier



フランス菓子フレジエの材料

分類 パティスリー
構成
  • ジェノワーズ生地
  • クレーム・オ・ブール/クレーム・ムースリーヌ
  • いちご
  • マジパン
材料
  • 小麦粉
  • 砂糖
  • 牛乳
  • バター
  • いちご

フレジエのフランスでの購入先

フレジエはパティスリーで購入することができ、大きなサイズや一人用の小さなサイズがあります。

フレジエと同じ種類のお菓子

そのほかにはフランボワーズ(Framboise キイチゴ)をつかったフランボワジエ Framboisierもあります。フレジエと同じ材料で、いちごがフランボワーズに変わっただけです。こちらもパティスリーの定番です。

フレジエの名前の由来

フレジエは、今日わたしたちが知っているそれになるまでに何度かの進化を遂げています。

まず、苺ではなくフレジエではなくフレジエ・デ・ボワ(Frasier des bois)という野苺を使っていました。フレジエ・デ・ボワは1900年にピエール・ラカン(Pierre Lacam)の書いた 『菓子の歴史・地理的回想録(Mémorial historique et géographique de la pâtisserie』に初めて出てきました。

この本の中に、フレジエ・デ・ボワとはキルシュで湿らせたジェノワーズに野苺と泡だてた生クリームを挟んで、薄い桃色のフォンダンと野苺とピスタチオを飾ったお菓子と書かれてあります。

このお菓子は現代の私たちが知っているようなクラシックなフレジエに近いものです。

その後、1960年代にガストン・ルノートル(Gaston Lenôtre)がバガテル(la Bagatelle)というお菓子を作りました。それはピスタチオのジェノワーズにバニラ風味のムースリーヌ、フランボワーズのクーリと苺を挟んだアントルメのことです。これはほぼ現在のフレジエと同じです。

このバガテルを参考にして現在のフレジエが作られました。

オリジナルのフレジエはクレームパティシエールにバターを合わせたムースリーヌを挟むのが主流でしたが、今では軽い食感のものが好まれ、代わりに泡だてた生クリーム(Crème fouettée)を用いることが多くなりました。

参考にした本

関連記事



abc順
F
菓子種類
ガトー パティスリー

キッチンエイド KitchenAid

キッチンエイド購入サイト
キッチンエイド KitchenAid[ピンク]
ブログ