ラングドシャ Langue de chat

猫の舌のザラザラしたクッキー

フランス菓子ラングドシャとはどんなお菓子か、材料や購入先、名前の由来を詳しく紹介しますね。

フランス菓子ラングドシャとは?

ラングドシャ Langue de chatは猫の舌のようにざらざらしている薄いクッキーのことです。

ラングドシャはフランス語で「猫の舌」という意味で、その形とざらざらした表面の触感が猫の舌に似ているため、その名前が付けられたと言われています。

ラングドシャは薄くて細長い形で、卵黄とバターを加えていないためサクサクとした軽い食感の焼き菓子です。

[フランス語名]
ラングドシャ Langue de chat



フランス菓子ラングドシャの材料

分類 パティスリー
材料
  • 小麦粉
  • 卵黄
  • 砂糖



ラングドシャのフランスでの購入先

ラングドシャはパティスリーやブーランジュリーなどで販売していることもあります。スーパーにはメーカー製のラングドシャは必ずと言っていいほど置いてあります。

フランス菓子ラングドシャの名前の由来

ラングドシャという名前のお菓子は20世紀の初めくらいにはすでに作られていました。

ラングドシャの正確な起源を探るのは難しいのですが、20世紀はじめに書かれた『le Traité moderne de pâtisserie(パティスリーの現代論)』という本の中に書かれています。

名前は『猫の舌』もしくは『猫の舌の形をした薬莢型』とつけられていました。レシピは砂糖、小麦粉、軽く泡立てた生クリームと泡立てた卵白から作り、生地を絞り袋に入れ、中火で焼くと書かれています。

その後、1927年、『La Cuisine moderne illustre』の本の中で、レシピは進化していきました。同じ割合の砂糖と小麦粉、クレーム・ドゥーブルla crème doubleという濃いめのクリームと泡立てた卵白を混ぜ合わせていました。

さらに1950年、『フランス料理の芸術(L’Art culinaire français)』の本の中で、砂糖とクリームと同じ割合のバターを加え味わい深くし、小麦粉と卵白を混ぜて作ったと書かれています。著者であるアンリ=ポール・ペラプラ Henri-Paul Pellapratはラングドシャの絞り袋には11番の口金を使うとしています。

関連記事



abc順
L
菓子種類
パティスリー

キッチンエイド KitchenAid

キッチンエイド購入サイト
キッチンエイド KitchenAid[レッド]
ブログ