ブレのマカロン Macaron de Boulay

フランス地方菓子ブレのマカロンとはどんなお菓子か、材料や名前の由来を詳しく紹介します。

フランス地方菓子ブレのマカロンとは?

ブレのマカロンとは東フランスのブレ=モゼルで作られているマカロンです。アーモンドと卵白、砂糖を混ぜた生地をスプーンですくって焼いているのが特徴です。

ブレ(Boulay)とはグラン・テスト地域圏(Grand Est)にある町です。正式な町の名称はブレ=モゼル (Boulay-Moselle)ですが、しばしばブレと呼ばれています。

ブレのマカロン Macaron de Boulay

[フランス語名]
ブレのマカロン Macaron de Boulay

ブレのマカロンの由来

1854年、ブレのマカロンはサン=タヴォル(Saint-Avold)通り13番地に位置するパティスリーで、ビネス・ラザール(Binès Lazard)とその妻フランソワーズ(Françoise)によって作り出されました。

彼らの子孫によってマカロンのレシピは厳しく秘密にされ、1963年にはアレクサンドル家(Alexandre)に受け継がれました。

材料は生のスイートアーモンド、砂糖、卵白を用い、スプーンを使って成形しています。伝統的に黒で文字が印刷された赤い箱に入れて販売されています。

現在でもブレのマカロンは当時と同じ場所、同じレシピで作られています。パティスリーはその名の通り「ブレのマカロン Macarons de Boulay」といいます。同様に赤い箱に入れて販売されており、通販もあります。

Macarons de Boulay

このパティスリーによると、1937年のイギリス王ジョージ6世が訪問した際、ブレのマカロンがロレーヌ地方出身のフランス大統領アルベール・ルブランによって贈られました。さらには、大統領シャルル・ド・ゴールや作家アンドレ・モーロワなど多くの著名人がブレのマカロンを好んでいたそうです。

現在では、日本やアメリカ、オーストラリア、イスラエル、カナダなど世界中に発送されているほどの人気なんだそうです。

ブレのマカロンの材料

分類 パティスリー
構成 マカロン生地
材料
  • 生スイートアーモンド
  • 砂糖
  • 卵白

参考本・サイト

このブレのマカロンの記事を書くのに参考にした本とサイトです。

関連記事



abc順
M
菓子種類
パティスリー 地方菓子
タイプ
マカロン

キッチンエイド KitchenAid

キッチンエイド購入サイト
キッチンエイド KitchenAid[グリーン]
ブログ