coquillages 貝類

Coquillagesはフランス語で「貝」という意味です。フランスでは貝はよく食べられており、牡蠣やウニは生のまま食べることもあり、他の貝類も料理に多く用いられます。フランスの貝類の定義、発音と表記、分類や牡蠣の大きさ、貝の養殖業の名称を紹介します。

貝の定義

貝は柔らかい体を貝殻で守っている水辺にいる動物のこと。二枚貝と巻貝と棘皮動物に分類されます。

フランスでは毎年220,000トンの貝類が生産されています。牡蠣は毎年140,000トン採れ、世界4位の生産量です。ほとんどが国内で販売され消費されています。

フランスでは北海 (Mer du Nord)、北ブルターニュ(Bretagne Nord)、南ブルターニュ(Bretagne Sud)、レ島 (Île de Ré)、中西部(Centre-Ouest)、マレンヌ=オレロン(les Marennes-Oléron)、アルカション=アキテーヌ(Arcachon-Aquitaine)、地中海(la Méditerranée)の8つの漁場で採貝が盛んです。


発音と表記

フランス語名 coquillage
日本語名
発音 コキアージュ[kɔkijaʒ]
名詞の性 男性名詞
単数形表記 le coquillage / un coquillage
複数形表記 des coquillages

貝の分類

二枚貝(Lamellibranches bivalves)と巻貝(Gastéropodes univalves)と棘皮動物(Échinodermes)に分類されます。

二枚貝 Lamellibranches bivalves

  • Huîtres 牡蠣
  • Moules ムール貝
  • Saint-Jaques 帆立貝
  • Pétoncles / Vanneaux タマキ貝
  • Praires マルスダレ貝
  • Clams ハマグリ
  • Palourdes ハマグリ、あさり
  • Couteaux マテ貝
  • Coques ザル貝
  • Amandes de mer ホンタマキ貝
  • Vernis ヨーロッパワスレ(ハマグリ)

巻貝 Gastéropodes univalves

  • Bigorneaux 海貝
  • Buccins エゾバイ
  • Ormeaux アワビ
  • Escargots terrestre カタツムリ
  • Patelle / Bernique カサガイ

棘皮動物 Échinodermes

  • Oursins ウニ



牡蠣の大きさ

牡蠣は大きさによる基準があり、価格が異なります。牡蠣屋やマルシェなどでは牡蠣の大きさが表示してあり、大きさを指定して購入します。牡蠣の種類(ヨーロッパヒラガキとマガキ)により基準が異なります。

ヨーロッパヒラガキ(Huîtres plates)の大きさ分類

N°6 20g
N°5 30g
N°4 40g
N°3 50g
N°2 60g
N°1 70g
N°0 80g
N°00 90g
N°000 100g +

マガキ(Huîtres creuses)の大きさ分類

P: petites P6 30 à 39g
P5 40 à 49g
M: moyennes M4 50 à 64g
M3 65 à 75g
G: grosses G2 80 à 99g
TG: très grosses TG1 100g +

採貝業のフランス語

貝の養殖が盛んなフランスではそれぞれの貝の養殖の名称があります。

  • La conchyliculture 貝の養殖(貝全般)
  • L’ostéiculture カキ養殖
  • La mytiliculture ムール貝養殖
  • La pectiniculture 帆立貝養殖
  • La vénériculture ハマグリやアサリの養殖(Praires/Clams/Palourdes)

関連記事



製菓材料
フランス
種類別材料
魚介

フランス語のレシピ講座