mouton 羊

フランスでは羊肉は多く消費されており、特に復活祭の日には羊肉を食べるのが伝統となっています。フランスの羊肉の定義、発音と表記、分類、仔羊と羊の違いを紹介します。

羊の定義

羊は家畜されているヤギ亜科の草食の哺乳動物です。羊肉は赤身(rouge)と言われていますが、生まれたばかりの子羊(agneau de lait)は白身となります。


フランスでの羊肉

イギリスとニュージランドはフランスに多くの羊肉を輸入しており、35年以上価格をめぐって競争関係にあります。フランスでは、羊の90%は食肉用で、残りの10%は乳やチーズを製造しています。

子羊(agneau)は復活祭の日のご馳走として有名です。

フランスでは南西地方(le Sud-Ouest)での羊の生産が盛んで、その地方のポワトゥー · シャラント(Poitou-Charentes)、リムーザン(Limousin)、オーベルニュ(Auvergne)、ミディ=ピレネー (Midi-Pyrénées)が主です。

羊肉の分類

羊には仔羊(Agneau)と羊肉(Mouton)の2種類があります。

仔羊 Agneau

名称 年齢 体重
Agneau de lait 5~7週間 8kg
Agneau blanc 3~4ヶ月 10~20kg
Agneau gris 4~10ヶ月 20kg~

Agneau de lait: とても若く、母乳だけを飲んで育っている仔羊のこと。家禽屋で売られています。


羊肉 Mouton

名称 年齢 体重
Mouton 12~18ヶ月 28kg
Brebis 1~2年以上 25~45kg
Bélier 1~2年以上 25~45kg

Mouton: Antenais / Broutart とも呼ばれます。

フランスでの商品化

viande ovine française
フランスで生まれ、飼育され、屠殺された羊を証明するロゴ

関連記事



製菓材料
フランス
種類別材料

フランス語のレシピ講座