œuf たまご

フランスの卵は雌鶏の育った環境で区分されます

フランスの卵の定義、発音や表記、関連語、サイズや表示方法を詳しく説明します。日本の卵とは大きさや表示が異なります。

意味

œuf : 卵

発音と表記

フランス語名 œuf
日本語名
発音 ウフ[œf]/複数形 ウ[ø]
名詞の性 男性名詞
単数形表記 l’œuf / un œuf
複数形表記 des œufs



フランスの卵のサイズ

販売されている卵のサイズは4種類に分かれています。日本の大きさの基準が異なります。

表示 大きさ 重さ
très gros  特大(XL) 73g~
Gros 大(L) 63g – 73g
Moyen 中(M) 53g – 63g
Petit 小(S)  ~53g

フランスのレシピ本の卵は Moyen(中)を使っているのが一般的です。レシピに卵の大きさや重さが指定していない場合はMoyenを使用してください。

Moyen(中)サイズの卵の重さを55gした場合の卵の重さとすると、こちらが通常の中身の重さです。

  • 白身:30g
  • 黄身:20g
  • 殻:5g



卵の選びかた

卵の殻には様々な情報が記載されています。スーパーなどでパックに入れて販売している場合にはパッケージにも表示されています。

例えば、卵の殻に下記のような表示があります。

フランスの卵のサイズと表示による選びかた
フランスの卵のサイズと表示による選びかた

[卵に書かれている記号]
1 FR DGB01
DCR 30 11
PLEIN AIR

それぞれの表示の意味を説明します。

飼育の方法

[卵に書かれている記号]
1 FR DGB01
DCR 30 11
PLEIN AIR

飼育の方法が0〜3までの数字で書かれています。上記ではFRの左の「1」にあたります。

  • 0:BIO(有機飼育)の環境で育った雌鶏から生まれたたまご
  • 1:自由に動ける野外(en plein air)で飼育している環境で育った雌鶏から生まれたたまご
  • 2:自由に動ける室内(au sol)で育った雌鶏から生まれたたまご
  • 3:小屋(en cage)の中で育てた雌鶏から生まれたたまご

BIO(有機飼育)の場合は、鶏1羽あたり2.5㎡の草の生えた場所が与えられてて、少なくとも90%は有機栽培の飼料でなければならないという規則があります。

また、3行目には卵の生まれた場所を表記していることもあります。上記の場合は「PLEIN AIR」(屋外)と表記してあります。卵の殻だけではなく、卵のパッケージ(箱)にも表記されています。

鶏が飼育されている場所によって値段が大きく変わります。一般的に最も高いのは1のBIOの卵で、1個2ユーロほどすることもあります。数字が小さいほど、鶏にとってより良い環境で育てられ、価格も高くなります。



生まれた場所

一番上の行には卵が生まれた国と場所が表記されています。

[卵に書かれている記号]
1 FR DGB01
DCR 30 11
PLEIN AIR

真ん中のアルファベット2文字が国名、それに続く文字は農場をあらわしています。

上の写真の場合は、FR:France(フランス)で生まれ、DGB01の場所で生まれたことを示しています。

消費期限

上から2番目の列には、たまごには消費期限が表示されています。

[卵に書かれている記号]
1 FR DGB01
DCR 30 11
PLEIN AIR

DCRとは消費期限のことで Date de Consommation Recommandée の頭文字のことです。たまごが生まれた日の場合もあります。

フランスでの表記は日/月の順番です。

上の写真の場合は、DCR 30 11 と書かれているので、消費期限が11月30日までということです。同じく卵のパッケージ(箱)にも記載されています。

卵の保存方法

たまごは6℃以下の冷蔵庫か、室温15℃のどちらかで保存するのが好ましいとされています。

関連語

  • blanc d’œuf 卵白
  • jaune d’œuf 卵黄
  • œuf entier 全卵
  • blancs d’œufs en poudre 乾燥卵白

関連記事



製菓材料
フランス
種類別材料

フランス語のレシピ講座