veau 仔牛

veauとは仔牛のことを指し、フランスでは広く食べられている肉のひとつです。フランスの仔牛の定義、発音と表記、フランスでの消費を紹介します。

仔牛の定義

Veauとは雌と雄の若い牛の肉のことです。veau de lait(乳しか飲んでいない仔牛)は乳離れしていない仔牛はおよそ4ヶ月、乳離れさせた重い仔牛は6~10ヶ月に屠殺されます。仔牛の肉は仔牛を育てている間に乳しか飲まないため白身の肉とされています。大人の牛の肉(bœuf)は赤身と言われます。肉質は脂質が少なく、タンパク質やビタミンが豊富です。

フランスでの消費

フランスはヨーロッパで最も多く仔牛を食べていて、国民一人当たり年間3,5kgを消費しています。さらに、フランスは約200,000トン生産しており、ヨーロッパで最大の生産国です。次に、オランダとイタリアが続きます。

フランスでは白身の肉(viande blanche)とされます。

フランスでの高脂の品種は、リムージン種(la Limousine)、ブロンド・ダキテーヌ種 (Blonde d’Aquitaine)、シャロレー種 (Charolaise)、ガスコーヌ種(la Gasconne)、サレール種 (Salers)などがあります。


発音と表記

フランス語名 veau
日本語名 仔牛
発音 ヴォ[vo]
名詞の性 男性名詞
単数形表記 le veau / un veau
複数形表記 des veaux

関連記事



製菓材料
フランス
種類別材料

フランス語のレシピ講座