sucre 砂糖

砂糖はサトウキビとテンサイ由来の2種類に分けられます

フランスの砂糖の意味、発音や表記、関連語、原材料や砂糖の種類を説明します。日本では一般的には上白糖が使われていますが、フランスではグラニュー糖をつかいます。

意味

sucre : 砂糖

発音と表記

フランス語名 sucre
日本語名 砂糖
発音 シュクル[sykʀ]
名詞の性 男性名詞
単数形表記 le sucre / un sucre
複数形表記 des sucres



砂糖の原料

砂糖にはサトウキビとテンサイ(甜菜)から作られる2種類のものがあります。

サトウキビ由来

サトウキビ(Canne à sucre)は熱帯雨林気候の地域で採れる多年生の植物です。キューバ、アンティル諸島、ハワイ、中央アメリカや南アメリカ、オーストラリア、インドネシアで主に生産されています。サトウキビの茎には10~20%のショ糖が含まれています。

サトウキビ由来の砂糖は上白糖やグラニュー糖などで、お菓子作りには主にサトウキビ由来の砂糖が使われます。

フランスの砂糖の種類
フランスの砂糖の種類

テンサイ由来

テンサイ/甜菜(Betterave sucrière)は白くて大根やカブみたいな形をしている植物で、根には15~20%のショ糖が含まれています。テンサイは北フランス、オランダやベルギーなどのヨーロッパ、ロシア、中国、アメリカで生産されています。

フランスでよく使われる砂糖のひとつです。

フランスの砂糖の種類
フランスの砂糖の種類



砂糖の種類

パティスリーで使われている砂糖の種類です。

グラニュー糖 Sucre semoule

グラニュー糖はSucre semoule(シュクル・スムル)といい、サトウキビ由来のざらざらとした粒子の大きな白い砂糖です。お菓子作りにはグラニュー糖を使うのが一般的で、すっきりとした甘さがあります。

フランスの砂糖の種類
フランスの砂糖の種類

粉砂糖 Sucre glace

粉砂糖はSucre glace(シュクル・グラス)といい、サトウキビ由来の粒子の細かい砂糖のことです。粉状になっているため溶けやすく、液体の少ないタルト生地や生クリームを泡立てる際に用います。

フランスの砂糖の種類
フランスの砂糖の種類

赤砂糖/カソナード Sucre roux de canne/Cassonade

赤砂糖/カソナードはSucre roux de canne(シュクル・ルー・ド・カンヌ)/Cassonade(カソナード)といいます。未加工なままのサトウキビから作った砂糖で、色は茶色をしています。

フランスの砂糖の種類
フランスの砂糖の種類

黒砂糖 Sucre muscovade

黒砂糖とはSucre muscovade(シュクル・ミュスコヴァド)といい、サトウキビから作った完全に精製されていない砂糖のことです。一般的にお菓子に用いることはありませんが、風味を加えるために焼き菓子にもちいたり、黒砂糖の個性を生かしたお菓子もあります。

フランスの砂糖の種類
 

関連語

  • sucre candi 氷砂糖
  • sucre cristallisé ザラメ糖
  • sucre cuit 糖液
  • sucre de cannelle シナモンシュガー
  • sucre en grains あられ糖
  • sucre en morceaux 角砂糖
  • sucre glace 粉砂糖
  • sucre granulé 粗めのグラニュー糖
  • sucre roux 粗糖、赤砂糖、ブラウンシュガー
  • sucre semoule グラニュー糖
  • sucre vanillé バニラシュガー

関連記事



製菓材料
フランス
種類別材料
添加物

フランス語のレシピ講座