yaourts ヨーグルト

ヨーグルトはフランスでもよく消費されており、スーパーには様々な種類のヨーグルトが並んでいます。食後のチーズの代わりの乳製品としてヨーグルトを食べることがあります。フランスのヨーグルトの定義、発音と表記、分類や種類を紹介します。

ヨーグルトの定義

ヨーグルトは乳に乳酸菌や酵母を混ぜて発酵させて作った食品のこと。フランスでは2つの乳酸菌を加えて作り、乳酸菌は製品になってからも生きています。脂肪のある乳や脂肪のない乳(脱脂乳)、殺菌している乳やしていない乳で作られる。場合によっては粉乳を加えることもあります。

ヨーグルトの起源は農業と畜産の始まったおよそ10,000年前に遡ります。その時代にすでに乳を凝固する方法を知っていましたが、19世紀末になり、その乳を凝固する効果が科学的に証明されました。20世紀初めにはヨーグルトは薬局で売られていました。


発音と表記

フランス語名 yaourt
日本語名 牛肉、牛
発音 ヤウート[jauʀt]
名詞の性 男性名詞
単数形表記 le yaourt / un yaourt
複数形表記 des yaourts

yoghourtと表記する場合もあります。

ヨーグルトの分類

ヨーグルトは脂肪分量と風味という2つの基準で分類されます。

脂肪分の含有量

  • 低脂肪ヨーグルト:脂肪分1%以下
  • 何も混ぜていないヨーグルト:脂肪分1%
  • 全乳ヨーグルト:脂肪分3,5%

風味

ヨーグルトに香りや風味などを加えたヨーグルトのこと。

  • yaourt nature 砂糖や香りなど何も加えてないヨーグルト
  • yaourt au lait entier 全乳で作ったヨーグルト
  • yaourt alléges 脂肪分のない脱脂乳を使い、脂肪分0%のヨーグルト
  • yaourt brassé クリーミーでねっとりとしたヨーグルト
  • yaourt aromatisé 香り付け
  • yaourt aux fruits 果物
  • miel 蜂蜜
  • confiture ジャム
  • fermenté au bifidus actif 生きているビフィズス菌
  • ferme coagulé en pot 固く引き締まった
  • sucré 砂糖入り
  • à boire 飲むヨーグルト
  • bulgare ブルガリアヨーグルト
  • lait ribot バターミルク
  • yaourt grec / à la grecque ギリシャヨーグルト

関連記事



製菓材料
フランス
種類別材料
乳製品

フランス語のレシピ講座