crustacés 甲殻類

Crustacés(クリュスタセ)はフランス語でエビやカニなどの「甲殻類」を指します。フランスでは海鮮レストランなどでエビやカニ、貝類の盛り合わせがあります。フランスの甲殻類の定義、発音と表記、種類やレストランでの表記を紹介します。

甲殻類の定義

甲殻類(Crustacés)とは、海や川の水辺にいる5ペアの10本の足でハサミやツメのある節足動物のこと。甲殻類は50,000以上の種類があります。

レストラン等でメニューにCrustacésと書かれている場合、食用のエビやカニ、ザリガニ、オマール海老、イセエビなどを指します。甲殻類はミネラルが豊富に含まれていて、栄養面にも優れています。

フランスでは生や冷凍、缶詰などを合わせて一人当たり一年間に平均9kgの甲殻類を消費しています。フランスではブルターニュ(Normandie)とノール=パ・ド・カレー (Nord-Pas-de-Calais)、バス・ノルマンディー(Basse-Normandie)での生産が盛んです。

オマール海老やイセエビ、赤エビなど甲殻類は非常に高価な割に、食べれない部分も多いのが特徴です。不可食部はカニ65%、エビ50%、ザリガニ78%、オマール海老60%となっています。

発音と表記

フランス語名 crustacé
日本語名 甲殻類
発音 クリュスタセ[kʀystase]
名詞の性 男性名詞
単数形表記 le crustacé / un crustacé
複数形表記 des crustacés

甲殻類の種類

レストラン等で見られる食用の甲殻類の一覧です。日本にない種類のものもあります。

  • Crabe カニ
  • Crevette 小エビ
  • Gambas 大エビ
  • Écrevisse ザリガニ
  • Étrille カニ(の一種)
  • Homard オマール海老
  • Langouste ラングスト、イセエビ
  • Langoustine ラングスティン(エビの一種)

レストランのメニュー

海鮮系のメニューのあるレストランでは、Plateau de fruit de merという甲殻類や貝などの盛り合わせがメニューにあります。エビやカニ、貝は茹でて砕いた氷の上に並べられていて、牡蠣は生のまま提供されます。添えられているソースとともにいただきます。fruit de merとは「海の幸」のことで貝やエビ、カニなどを指します。

[フランス語]
Plateau de fruit de mer[プラトー ド フリュ ド メール]海の幸の盛り合わせ

製菓材料
フランス
種類別材料
魚介

フランス語のレシピ講座