ブランマンジェ Blanc-manger

フランス菓子ブランマンジェとはどんなお菓子か、材料、購入先、関連するお菓子を詳しく解説します。

お菓子から学ぶフランス語講座

フランス菓子ブランマンジェとは?

ブランマンジェ Blanc-mangerとはアーモンドミルクをゼラチンで固めた冷たいデザートのこと。Blanc-manger とはフランス語で「白い食べもの」を意味します。

アーモンドをすりつぶすと出てくる白い液がアーモンドミルクで、これを用いてブランマンジェを作ります。さらには中華料理の杏仁豆腐も同じくアーモンドミルクを使ってつくります。現在はアーモンドエキスを使っていることもあります。

生クリームと砂糖を合わせ、ゼラチンとアーモンドエキスを加え、冷蔵庫で冷やし固めて作ります。

lait d’amandes(アーモンド牛乳)と同じ意味です。

[フランス語名]
ブランマンジェ Blanc-manger / le blanc-manger




ブランマンジェの材料

分類 デザート
構成
  • ブランマンジェ
  • フルーツのクーリ(フランボワーズ/苺/桃)
  • ミント/コリアンダー/バジル
材料
  • ゼラチン
  • 砂糖
  • 生クリーム
  • アーモンド/アーモンドエキス

ブランマンジェの歴史

ブランマンジェは中世時代には、鶏や仔牛の肉をすりつぶしてつくった肉のゼリー寄せのことを指していました。14世紀にはに blamenser と書かれている文書が残っています。

19世紀はじめ、弁護士で美食家のグリモ・ドゥ・ラレニエール(Grimod de La Reynière)によると、起源はランドック地方のモンペリエとのこと。さらに彼は「ブランマンジェを作るのは難しく、革命前でもほんの数人の料理人しか作れなかったのに、フランス革命が起こってからその秘訣が失われてしまうのではないか」と心配していました。

19世紀になるとブランマンジェに色をつけたり、アーモンドミルクのかわりに牛乳で作っていましたブランマンジェをつくっていました。

ブランマンジェと関連するお菓子




フランスでの購入先

ブランマンジェはレストランのデザートとして提供されていることがあります。また、スーパーのデザート売り場にも置いてあります。

おいしい知識を手に入れよう!お菓子のレシピから学ぶフランス語講座

フランスのお菓子は世界的に有名ですが、なぜそのおいしさに魅了されるのでしょうか?

「お菓子のレシピから学ぶフランス語講座」では、フランスのお菓子作りの秘訣を探りながら、同時にフランス語を学んでいきます。

この講座では本場フランスのお菓子のレシピをフランス語で読み解きながら、フランス語を習得します。マドレーヌ、タルト、シュークリームなど、フランスでも定番のお菓子のレシピを通じて、フランス語の基礎から応用まで幅広く学ぶことができます。

フランス語の勉強が初めてでも大丈夫です!当講座では基本的なフランス語表現から、食材や道具の名前、作り方までを丁寧に解説しています。おいしいお菓子のレシピを作りながら、楽しくフランス語をマスターすることができます。

フランス語を学ぶだけでなく、お菓子作りの知識も身につけることができるこの講座は、フランス語学習者とスイーツ好きな方にとって理想的な組み合わせだと思います。ご自宅で学べるダウンロード形式なので、時間や場所に制約されずに勉強することができます。

「お菓子のレシピから学ぶフランス語講座」に参加して、おいしい知識を手に入れましょう!フランス語の魅力とフランスのお菓子作りの楽しさを同時に体験し、自分自身を豊かにしませんか?ご参加をお待ちしています!

詳しくみる

関連記事



abc順
B
菓子種類
パティスリー
タイプ
アントルメ デザート

フランス語のレシピ講座

お菓子のレシピから学ぶフランス語講座
ブログ
error: Content is protected !!