ガレット・ド・ペルージュ Galette de Pérouges

中世に栄えた小さな村の地方菓子ガレット・ド・ペルージュ

フランス地方菓子であるガレット・ド・ペルージュとはどんなお菓子か、材料や購入先、名前の由来を詳しく紹介しますね。

フランス地方菓子ガレット・ド・ペルージュとは?

ガレット・ド・ペルージュ Galette de Pérougesとは、砂糖のガレットでペルージュという小さな町で作られている地方菓子です。ガレット・ド・ペルージュとは「ペルージュのガレット」という意味です。

ガレットとは薄くで丸い形をした生地を焼いたお菓子のことをいいます。ガレット・ド・ペルージュはブリオッシュ生地を平たく伸ばして、砂糖や生クリームを塗って焼いて作ります。

ペルージュ(Pérouges)はフランスの南東に位置して、中世の名残の残る小さな村で観光地として有名です。

ペルージュ(Pérouges)の場所

[フランス語名]
ガレット・ド・ペルージュ Galette de Pérouges / une galette de Pérouges



フランス地方菓子ガレット・ド・ペルージュの材料

分類 パティスリー
構成 ブリオッシュ生地
材料
  • 小麦粉
  • バター
  • 砂糖
  • 酵母
  • レモン
  • 生クリーム

ガレット・ド・ペルージュのフランスでの購入先

ガレット・ド・ペルージュはペルージュの街で売られています。1ピースが1.20〜1.50ユーロ、ホールで6.50〜18ユーロくらいの価格です。

直径は30cm以上とかなり大きいのにかかわらず、店では紙袋に入れてくれるだけの簡単な包装してくれます。同じローヌアルプ地方の名物の赤いプラリネをのせて、プラリネが溶け真っ赤になったガレットもあります。



フランス地方菓子ガレット・ド・ペルージュの名前の由来

1912年、マリー(Marie-Louise Thibaut)は夫婦でペルージュに移り住み、旧市街にあるホテルを引き継ぎました。

ホテルはオストルリ・デュ・ヴィユ・ペルージュ(L’hostellerie du Vieux Pérouges)といい、建物は歴史的記念物に登録されており今でも営業しています。

フランスのペルージュ

オストルリ・デュ・ヴィユ・ペルージュ

オストルリ・デュ・ヴィユ・ペルージュの場所

彼女は古いレシピを作り直し、ペルージュの砂糖のお菓子を作り出しました。

もともとは金曜日にだけ作ってい販売していました。カトリック教会では金曜日には肉を食べることを禁止していたため、代わりにカロリーの高いお菓子を販売していました。

このお菓子を最初に作ったホテルではペルージュの砂糖のガレット(ガレット・オ・シュクル・ペルージュ La Galette au sucre de Pérouges)と名付けています。

現在ではペルージュの旧市街に5つのガレット専門店があり、職人により伝統の味を守った砂糖のガレットが提供されています。

ガレット・ド・ペルージュと同じ種類のお菓子

関連記事



abc順
G
菓子種類
パティスリー 地方菓子

キッチンエイド KitchenAid

キッチンエイド購入サイト
キッチンエイド KitchenAid[グリーン]
ブログ