ブレッツェル Bretzel

フランス地方菓子であるブレッツェルとはどんなお菓子か、材料や購入先、名前の由来を詳しく紹介しますね。

お菓子から学ぶフランス語講座

フランス地方菓子ブレッツェルとは?

ブレッツェル Bretzelとは、アルザス地方やドイツで見られる8の字の形をした塩味の焼き菓子のこと。岩塩がまぶされた塩味の硬いブレッツェルが一般的ですが、柔らかいドーナツのような揚げ菓子もみられます。

ドイツを中心にフランスのアルザス地方、オーストリアやスイスなどで食べられています。

フランスではアルザス地方のものが有名で、フランスのほかの地域ではクリスマス時期のマルシェ・ド・ノエルにたくさん並んでいるのをみかけます。

[フランス語名]
ブレッツェル Bretzel / un bretzel




ブレッツェルの材料

分類 ヴィエノワズリー
生地 パン生地
材料
  • 小麦粉
  • 酵母




ブレッツェルのフランスでの購入先

ブレッツェルはブーランジュリーやパティスリーで購入することができます。価格はひとつ1.5~2.5€ほどです。

フランス地方菓子ブレッツェルの名前の由来

ブレッツェルはドイツのものが有名で、ドイツ発祥だと言われていますが、実は、ブレッツェルの原型はフランスで生まれたお菓子なのです。

ブレッツェルの原型となったお菓子は「ニュール(Nieule)」と呼ばれていました。中世時代にプロテスタントの職人が作り、売り子によって町中で売られていました。

1598年のナントの勅令により、プロテスタントはカトリック教徒と同様の権利を与えられ、自分たちの教会をもつことができるようになりました。

しかし、カトリック教会にも十分の一税を払わないといけなくなったことで、プロテスタントはドイツに亡命してしまいました。よって、フランスではニュールを作ることはすたれてしまいました。

その亡命したプロテスタントの職人はニュールをドイツでも作り続けました。後にドイツからアルザス地方に同じお菓子が逆輸入してきました。これがブレッツェルです。

「8の字の形をしたパン」という意味のドイツ語Brezelが語源となっています。




おいしい知識を手に入れよう!お菓子のレシピから学ぶフランス語講座

お菓子のレシピから学ぶフランス語講座

フランスのお菓子は世界的に有名ですが、なぜそのおいしさに魅了されるのでしょうか?

「お菓子のレシピから学ぶフランス語講座」では、フランスのお菓子作りの秘訣を探りながら、同時にフランス語を学んでいきます。

この講座では本場フランスのお菓子のレシピをフランス語で読み解きながら、フランス語を習得します。マドレーヌ、タルト、シュークリームなど、フランスでも定番のお菓子のレシピを通じて、フランス語の基礎から応用まで幅広く学ぶことができます。

フランス語の勉強が初めてでも大丈夫です!当講座では基本的なフランス語表現から、食材や道具の名前、作り方までを丁寧に解説しています。おいしいお菓子のレシピを作りながら、楽しくフランス語をマスターすることができます。

フランス語を学ぶだけでなく、お菓子作りの知識も身につけることができるこの講座は、フランス語学習者とスイーツ好きな方にとって理想的な組み合わせだと思います。ご自宅で学べるダウンロード形式なので、時間や場所に制約されずに勉強することができます。

「お菓子のレシピから学ぶフランス語講座」に参加して、おいしい知識を手に入れましょう!フランス語の魅力とフランスのお菓子作りの楽しさを同時に体験し、自分自身を豊かにしませんか?ご参加をお待ちしています!

詳しくみる

関連記事



フランス語のレシピ講座

お菓子のレシピから学ぶフランス語講座
ブログ
error: Content is protected !!