クレーム・シャンティイ Crème Chantilly

フランス菓子クレーム・シャンティイとはどんなお菓子か、材料や購入先、シャンティイ城での悲劇やレシピを詳しく紹介しますね。

フランス菓子クレーム・シャンティイとは?

クレーム・シャンティイ Crème Chantillyとは生クリームと砂糖を泡立てたホイップクリームのことです。パリの北にあるシャンティイ城で誕生したため、この名前が付けられました。

泡立てた生クリームのことを「シャンティイ」と呼ぶこともありますし、一般的にはクレーム・フォユテ(Crème fouettée)といいます。

フランスではクレーム・シャンティイは脂肪分30%以上含まれているクリームをもちいます。加える砂糖の量はクリームの重さの10%が目安です。脂肪分30%以下のクリームだと泡立ちません。

フランスではタルトやアイスクリーム、マロンクリームなどにクレーム・シャンティイを添えて提供されることがあります。または、ムースやババロワなどのクリームの材料として用いられます。ただ、日本のようにショートケーキやタルトの土台に使ったりはしません。アルザス地方のフォレノワールというケーキだけは生クリームで組み立てています。

[フランス語名]
クレーム・シャンティイ Crème Chantilly / la crème Chantilly



フランス菓子クレーム・シャンティイの材料

分類 デザート
材料
  • 生クリーム
  • 粉糖



シャンティイ城の悲劇

クレーム・シャンティイが誕生した由来ではありませんが、このクリームが生まれたシャンティイ城での物語を紹介します。

パリから北へ約40kmほどのところにあるシャンティイ城で、クレーム・シャンティイは誕生しました。城はオー=ド=フランス地域圏(Hauts-de-France)に位置するシャンティイという町にあります。17世紀頃、貴族の大コンデ公がこの城を所有しており、仕えていた料理人がクレーム・シャンティイを考案したと言われています。

シャンティイ城の場所

このクレーム・シャンティイを有名にしたのは、ある悲劇と関係しているかもしれません。

この頃、シャンティイ城でメトル・ドテルとしてヴァテールが仕えていました。

メトル・ドテルとは貴族の城や館で、食材やパン、ワインの仕入れや料理人の選出をおこない、テーブルサービスの指揮などを行う宴会のプロデューサーのような役割を担う職業です。

ヴァテール(François Vatel)はスイス出身で、政治家フーケ家の執事を経て、大コンデ公のメトル・ドテルとなりました。1671年、大コンデ公がルイ14世を招いて1000人を招待した盛大な宴会を行いました。その宴会をメトル・ドテルとして任されたのがヴァテールでした。

当日の早朝4時、ヴァテールは注文していた魚の到着を待っていました。魚はまだ2箱しか届いておらず、数が足りません。彼は8時まで待ちましたが、まだ魚は来ていません。

ヴァテールは「魚がないと宴会が失敗する。このままでは名誉と評判を落としてしまう。命を持って償うしかない」と考え、剣で腹を刺し、自殺をしました。

しかし、この後すぐに魚は到着したそうです。

宴会は開催されましたが、招待客は悲しみと衝撃の中、この魚料理には手を付けなかったと言われています。この悲劇的な出来事もあり、シャンティイ城で生まれたクレーム・シャンティイが有名になっていきました。

実は生クリームをあわだてたクリームはそれ以前に存在していました。その100年ほど前の1533年、イタリアからカトリーヌ・ド・メディシスがフランス王アンリ2世に嫁いだときに、一緒に来た菓子職人がすでに泡立てた生クリームを作っていました。当時はエニシダの枝でクリームを泡立てていました。

現在では、シャンティイ城ではクレーム・シャンティイが名物となっています。

フランス菓子クレーム・シャンティイの作り方

ケイク・オ・フリュイの作り方はこちらをご覧ください。
▶︎フランスのクレーム・シャンティイの作り方

関連記事



abc順
C
菓子種類
デザート

キッチンエイド KitchenAid

キッチンエイド購入サイト
キッチンエイド KitchenAid[グリーン]
ブログ