ナンシーのマカロン Macaron de Nancy

フランス地方菓子ナンシーのマカロンとはどんなお菓子か、材料や購入先、名前の由来や歴史を詳しく紹介します。

フランス地方菓子ナンシーのマカロンとは?

ナンシーのマカロンとはフランス北東のナンシー市で誕生したマカロンのこと。マカロン・ド・ナンシー(Macaron de Nancy)やスール・マカロン(Sœurs macarons)とも呼ばれています。

表面が固くひび割れしていて、中はやわらかい食感のマカロンです。紙の上に生地を絞って焼き、紙がついたまま販売しているのが特徴です。

ナンシーはグラン・テスト地域圏にあり、18世紀にロレーヌ公スタニスラス王のもとで栄えていた町です。

ナンシーのマカロン Macaron de Nancy

[フランス語名]
マカロン・ド・ナンシー Macaron de Nancy
スール・マカロン Sœurs Macaron



ナンシーのマカロンの由来

ナンシーのマカロンがが誕生した話については、1868年、シャルル・モンスレ(Charles MONSELET)の著書『食通年鑑』にも詳細に述べられています。

修道院生まれのマカロン

ナンシーのマカロンの起源は17世紀までさかのぼります。

1624年、カトリーヌ・ド・ロレーヌ(Catherine de Lorraine)がナンシーの町の真ん中にベネディクト修道院を設立します。彼女はフランス王アンリ2世(Henri II)とイタリアのカトリーヌ・ド・メディシス(Catherine de Médicis)の孫で、とても信心深かい女性でした。

ベネディクト修道院の戒律はとても厳格で、肉を食べることが禁止されていました。しかし、お菓子などの甘いものを食べることは許されていました。

16世紀のスペインの修道女であるアビラの聖テレサ(Saint Thérèse d’Avila)が肉の代わりにアーモンドを食べることをすすめていたこともあり、アーモンドを使った様々なお菓子が作られるようになりました。そのひとつがマカロンです。

カトリーヌ・ド・メディシスの料理人がフランスにマカロンを伝えたと言われており、カトリーヌ・ド・ロレーヌもマカロンの作り方を聞いていたのかもしれませんね。

街に出たマカロン

マカロンは長い間、修道院の中だけでひっそりと作られていました。

しかし、1789年、フランス革命が勃発し、影響は宗教界にまで及びました。キリスト教は弾圧され、特権階級に属していたカトリック教会の聖職者は追放されたり、教会への略奪や破壊が行われました。1793年にはミサが禁止され、教会も閉鎖されました。

このベネディクト修道院も閉鎖され、修道女たちは町へ逃げ出しました。修道女のエリザベス(Elisabeth Morlot)とスザンヌ(Suzanne Gillot)はアシュ通り(Rue de la Hache)の医者の家に匿われました。この医者の娘もベネディクト会の修道女だったことがきっかけで保護されることになりました。

そこで彼女らはお礼として、修道院で食べていたマカロンを作り、街で売り出すことにしました。すぐにマカロンの人気は大きくなっていき、このお菓子のことを修道女のマカロン(Sœurs Macarons)と名付けられました。

秘密のレシピの継承

スザンヌが亡くなったとき、エリザベスはこのマカロンのレシピを引き継いでいくことを決めました。

彼女はヴォージュ県のサヴィニー出身の姪エリザベス(Elisabeth MARCHAL)とその夫のニコラ(Nicolas MULLER)にレシピを託しました。彼らは菓子職人で、自分たちの店で三代にわたってマカロンの製造を続けました。

1876年にはモワネル家(MOINEL)が引継ぎ、3世代にわたって製造しました。

次に、1935年にはアプテル家(APTEL)がガンベッタ通り(21 rue Gambetta)にあった菓子店を購入し、後に「修道女のマカロンの家(Maison des Sœurs Macarons)」という看板を掲げました。

1991年にはパティシエであるジェノ氏(Jean- Marie GENOT)が修道女のマカロン(Macarons des Sœurs)を引き継ぎました。2000年からは息子ニコラ氏(Nicolas)が引き継いで、昔と同じレシピでマカロンを製造しています。



修道女のマカロン通り

1951年、ナンシー市は敬意を表してアシュ通りの一部を修道女のマカロン通り(Rue des Sœurs Macarons)と名付けました。

ナンシーのマカロンの材料

分類 パティスリー
構成 マカロン生地
材料
  • アーモンド
  • 砂糖
  • 卵白

ナンシーのマカロンのフランスでの購入先

ナンシー市では特産品であるナンシーのマカロンをパティスリーやお土産物屋さんで販売しています。

La Maison des Sœurs Macarons(ラ・メゾン・デ・スール・マカロン)では昔と同じレシピで製造しています。ネットでも購入可能です。2ダース(24枚320g)で17,40€〜となっています。

参考本・サイト

このナンシーのマカロンの記事を書くのに参考にした本とサイトです。

関連記事



abc順
M
菓子種類
パティスリー 地方菓子
タイプ
マカロン

キッチンエイド KitchenAid

キッチンエイド購入サイト
キッチンエイド KitchenAid[レッド]
ブログ