ニフレット Niflette

フランス菓子ニフレットとはどんなお菓子か、名前の由来、材料や購入先、関連するお菓子を詳しく解説します。

お菓子から学ぶフランス語講座

フランス菓子ニフレットとは?

ニフレット Nifletteとはプロヴァン由来のカスタードクリームを詰めたタルトレットのことです。11月1日の諸聖人の日に食べられています。

折込パイ生地を型に敷いて、オレンジの花の水やバニラで香り付けしたカスタードクリームを詰めて作ります。焼成後に表面に粉砂糖をふり、キャラメリゼします。

直径5-9cmの大きさで、見た目も味もエッグタルトと同じお菓子です。

プロヴァン(Provins)はイル=ド=フランス地域圏セーヌ=エ=マルヌ県にある都市で、中世時代に栄えた町でシャンパーニュの大市が開かれていました。その名残の残る街並みはユネスコの世界遺産に登録されています。

プロヴァン Provinsの場所

プロヴァンでは伝統的には諸聖人の日(Toussant)の前後15日間に作られています。

[フランス語名]
ニフレット Niflette / une niflette




二フレットの名前の由来

二フレットは中世時代から諸聖人の日に、もともとは親を亡くした孤児のために作られていました。

二フレットという名前は Ne flete という表現に由来しています。Ne fletene pleure pas(もう泣かないで)を意味していました。その言葉から Renfler (膨れる)という動詞が使われるようになりました。

19世紀には、菓子職人の見習いが二フレットを売るためにプロヴァンの町で移動販売をしていました。

二フレットの材料

分類 パティスリー/タルト
構成
  • 折込パイ生地
  • カスタードクリーム
材料
  • 小麦粉
  • バター
  • 砂糖
  • 牛乳
  • オレンジの花の水
  • バニラ

二フレットと関連するお菓子




フランスでの購入先

フランスではプロヴァン市周辺の町で、11月1日ごろにパティスリー(Pâtisserie)やパン屋(Boulangerie)で購入することができます。

おいしい知識を手に入れよう!お菓子のレシピから学ぶフランス語講座

お菓子から学ぶフランス語講座

フランスのお菓子は世界的に有名ですが、なぜそのおいしさに魅了されるのでしょうか?

「お菓子のレシピから学ぶフランス語講座」では、フランスのお菓子作りの秘訣を探りながら、同時にフランス語を学んでいきます。

この講座では本場フランスのお菓子のレシピをフランス語で読み解きながら、フランス語を習得します。マドレーヌ、タルト、シュークリームなど、フランスでも定番のお菓子のレシピを通じて、フランス語の基礎から応用まで幅広く学ぶことができます。

フランス語の勉強が初めてでも大丈夫です!当講座では基本的なフランス語表現から、食材や道具の名前、作り方までを丁寧に解説しています。おいしいお菓子のレシピを作りながら、楽しくフランス語をマスターすることができます。

フランス語を学ぶだけでなく、お菓子作りの知識も身につけることができるこの講座は、フランス語学習者とスイーツ好きな方にとって理想的な組み合わせだと思います。ご自宅で学べるダウンロード形式なので、時間や場所に制約されずに勉強することができます。

「お菓子のレシピから学ぶフランス語講座」に参加して、おいしい知識を手に入れましょう!フランス語の魅力とフランスのお菓子作りの楽しさを同時に体験し、自分自身を豊かにしませんか?ご参加をお待ちしています!

詳しくみる

関連記事



フランス語のレシピ講座

お菓子のレシピから学ぶフランス語講座
ブログ
error: Content is protected !!