ルリジューズ Religeuse

修道女の服装から生まれたお菓子ルリジューズ

フランス菓子ルリジューズとはどんなお菓子か、材料や購入先、名前の由来を詳しく紹介しますね。

フランス菓子ルリジューズとは?

ルリジューズ Religeuseはカスタードクリームを詰めた大小のシュー生地を重ね、バタークリームで襟をしぼったお菓子です。形が修道女の服装に似ていたため、ルリジューズ(修道女)と名付けられました。

下のシュー生地は5cm、上のは3cmの大きさに絞って焼き、中にはクレーム・パティシエール(カスタードクリーム)を詰め、上面にはフォンダンを塗ります。大きいシュー生地を下に置き、小さいシューを重ね、その間をクレーム・オ・ブール(バタークリーム)をギザギザの口金でしぼってつくります。

中に詰めるクリームとフォンダンやバタークリームには、チョコレート、バニラ、フルーツなど様々なフレーバーがあります。

[フランス語名]
ルリジューズ Religeuse



フランス菓子ルリジューズの材料

分類 パティスリー
構成
  • クレーム・パティシエール
  • クレーム・オ・ブール
  • フォンダン
材料
  • 小麦粉
  • バター
  • 砂糖
  • フォンダン



ルリジューズのフランスでの購入先

ルリジューズはパティスリーやブーランジュリーで購入することができます。価格はひとつ4€~です。

フランス菓子ルリジューズの名前の由来

ルリジューズは1856年にパリのフラスカティ(Frascati)というパティスリーでつくられました。最初は中にクレーム・シャンティイが詰められていました。

菓子職人で料理史家でもあるピエール・ラカン(Pierre Lacam)もルリジューズは1856年に誕生したと著書の中にかいています。その当時はクレーム・ア・ラ・ルリジューズというバニラとレモンやオレンジで香り付けしたカスタードクリームのひとつと説明しています。

おそらく、最初のルリジューズは現在のものとは形の違うものだったと考えられます。

その後、1909年にルリジューズのレシピが書かれたレシピ本が出版されました。シュクレ生地かブリゼ生地を丸い型に敷き、クレーム・サントノレを中に詰めた大小サイズの違うシューにフォンダンをかけ、その間にバタークリームをしぼってつくります。お菓子の形は修道女の服装をイメージしてつくりました。

関連記事



abc順
R
菓子種類
パティスリー

キッチンエイド KitchenAid

キッチンエイド購入サイト
キッチンエイド KitchenAid[グリーン]
ブログ