ヴァシュラン Vacherin

メレンゲとアイスクリームで作ったデザート、ヴァシュラン

フランス菓子ヴァシュランとはどんなお菓子か、材料や購入先、名前の由来、同じ種類のお菓子を詳しく紹介しますね。

 

フランス菓子ヴァシュランとは?

ヴァシュラン Vacherinは焼いたメレンゲにアイスクリームやホイップクリームを挟んで、フルーツを飾ってソースをかけた冷たいデザートです。苺やフランボワーズなどの赤い果物をつかって、赤い果物のソースをかけたものを多く見かけます。見た目は日本のフルーツのショートケーキのようですが、メレンゲ生地がサクサクした食感です。

ヴァシュランという同じ名前のチーズがあり、形がそのチーズに似ていることから名付けられました。ヴァシュランとは加熱しない牛乳で作るウォッシュタイプのチーズで、サヴォワ地方やフランシュ・コンテ地方、またはスイスで作られています。桜桃などの木の容器に入っているのが特徴です。

19世紀、フランス東南部のリヨンで生まれ、ブラッスリーやレストランでデザートとして提供されています。特に、リヨン市内にあるポール・ボキューズ氏のブラッスリーでは定番のデザートです。

[フランス語名]
ヴァシュラン Vacherin




フランス菓子ヴァシュランの材料

分類 パティスリー/デザート
構成
  • メレンゲ生地
  • アイスクリーム
  • シャンティイクリーム
  • フルーツ
材料
  • 卵白
  • 砂糖
  • 生クリーム
  • 牛乳
  • フルーツ

ヴァシュランと関連するお菓子




ヴァシュランのフランスでの購入先

ヴァシュランはレストランやブションのデザートとして提供されます。アイスクリーム屋(グラシエ)などで冷たいアントルメとしてや、パティスリーで冷たいアントルメとして提供していることもあります。

おいしい知識を手に入れよう!お菓子のレシピから学ぶフランス語講座

お菓子のレシピから学ぶフランス語講座

フランスのお菓子は世界的に有名ですが、なぜそのおいしさに魅了されるのでしょうか?

「お菓子のレシピから学ぶフランス語講座」では、フランスのお菓子作りの秘訣を探りながら、同時にフランス語を学ぶ貴重な機会を提供しています。

この講座では、本場フランスのお菓子のレシピをフランス語で読み解きながら、フランス語を習得します。マドレーヌ、タルト、シュークリームなど、フランスでも定番のお菓子のレシピを通じて、フランス語の基礎から応用まで幅広く学ぶことができます。

フランス語の勉強が初めてでも大丈夫!当講座では基本的なフランス語表現から、食材や道具の名前、作り方までを丁寧に解説しています。おいしいお菓子のレシピを作りながら、楽しくフランス語を学ぶことができるでしょう。

フランス語を学ぶだけでなく、お菓子作りの知識も身につけることができるこの講座は、フランス語学習者とスイーツの愛好者にとって理想的な組み合わせです。ご自宅で学べるダウンロード形式なので、時間や場所に制約されずに学ぶことができます。

「お菓子のレシピから学ぶフランス語講座」に参加して、おいしい知識を手に入れましょう!フランス語の魅力とフランスのお菓子作りの楽しさを同時に体験し、自分自身を豊かにしませんか?ご参加をお待ちしています!

詳しくみる

関連記事



フランス語のレシピ講座

お菓子のレシピから学ぶフランス語講座
ブログ
error: Content is protected !!