ヴァシュラン Vacherin

メレンゲとアイスクリームで作ったデザート、ヴァシュラン

フランス菓子ヴァシュランとはどんなお菓子か、材料や購入先、名前の由来、同じ種類のお菓子を詳しく紹介しますね。

フランス菓子ヴァシュランとは?

ヴァシュラン Vacherinは焼いたメレンゲにアイスクリームやホイップクリームを挟んで、フルーツを飾ってソースをかけた冷たいデザートです。苺やフランボワーズなどの赤い果物をつかって、赤い果物のソースをかけたものを多く見かけます。見た目は日本のフルーツのショートケーキのようですが、メレンゲ生地がサクサクした食感です。

ヴァシュランという同じ名前のチーズがあり、形がそのチーズに似ていることから名付けられました。ヴァシュランとは加熱しない牛乳で作るウォッシュタイプのチーズで、サヴォワ地方やフランシュ・コンテ地方、またはスイスで作られています。桜桃などの木の容器に入っているのが特徴です。

19世紀、フランス東南部のリヨンで生まれたデザートで、ブラッスリーやレストランでデザートとして提供されます。特に、リヨン市内にあるポール・ボキューズ氏のブラッスリーでは定番のデザートです。

[フランス語名]
ヴァシュラン Vacherin / un vacherin



フランス菓子ヴァシュランの材料

分類 デザート
構成
  • メレンゲ生地
  • アイスクリーム
  • シャンティイクリーム
  • フルーツ
材料
  • 卵白
  • 砂糖
  • 生クリーム
  • 牛乳
  • フルーツ

ヴァシュランのフランスでの購入先

ヴァシュランはレストランやブションのデザートとして提供されます。アイスクリーム屋(グラシエ)などで冷たいアントルメとして販売されていることもあります。

関連記事



abc順
V
菓子種類
デザート

キッチンエイド KitchenAid

キッチンエイド購入サイト
キッチンエイド KitchenAid[グリーン]
ブログ